無料ホームページ ブログ(blog)
エピソードIII 張り線の復讐 ウイングバックさん、完成品ご申告一番乗りです!
少なそうで実は多い複葉機ファン。 ありそうでなかった複葉機に焦点を当てた祭りが、今始まります。 ここであなたも張り線のダークサイドに堕ちてみませんか?


エピソードIII 張り線の復讐

すず黄さんからエントリーをいただきました | main | カトー副委員長さんからまたまた追加エントリーをいただきました!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ウイングバックさん、完成品ご申告一番乗りです!
ウイングバックさんから、以下のコメントとともに、完成品の画像をいただきました!
実はこちらも10月中に画像をいただいていたのですが、なかなかアップできず、大変失礼いたしました。

<ELF Model 1/72DFW T28 Floh、完成しました。
実機は1914年ドイツ生まれのプロトタイプ機で、Flohとはノミのこと。ハイ・スピードを達成するために特に胴体の設計が"non-traditional work"と説明書にあります。しかし、着陸速度が高いこと、パイロットの下方視界が悪いこと(当たり前だっつーの)が原因で軍の制式にはならなかったよう。最高速は時速180kmだったそうです。

元エデュアルドのキット、完成したら手のひらサイズのキットが¥3,000以上するという事で、はじめは抵抗があったのですが、エッチングやフィルムの計器板、国産キットより質の良いデカールと、サービス満点なんで納得。作例は垂直尾翼の面積を増した後期型です。部品の合いは悪くないのですが、接合面やダボが怪しいため、主翼はじめ主要部品は金属ピン埋め込んで結合。
塗装はアメリカ海軍機系のグレーブルーを調色し、桁を強調するためにウォッシングを入れています。ファンシーなカタチのかわいいヒコーキですが、ルフトバッフェのマークを背負うと、それなりに見えるからフシギです。

張り線は0.2mmのピアノ線を現物合わせ。これがなかったら、おそらく張り線は挫折してたでしょう(笑)。

複葉機どころか、プロペラがついてるヒコーキ自体を20年ぐらいは作ってないという無謀なチャレンジだったわけですが、なんとか完成。ジェット機製作ばかりで、製作工程がだいたい一緒で流れ作業のごとくなってしまっていたので、久しぶりの”考えながらのモデリング”でした。なんとも雑な仕上がりになってしまいましたが、やっぱりカワイイです、コイツ。>

2005_1106dftw280039.jpg

2005_1107dfwt280002.jpg

2005_1107dfwt280006.jpg


ウイングバックさん、お疲れ様でした!次回作も期待しております(笑)。

さて、最近、皆さんのブログでは、続々エントリー作品完成の悪寒です。完成された方は、お手数ですが完成画像(3点まで。640×480ピクセル程度のサイズでお願いします)に製作コメントを添えて、主催者メール・アドレスまでどしどしお送りください。どしどし晒させていただきます。
スポンサーサイト
| 未分類 | 14:09 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ep3harisen.blog22.fc2.com/tb.php/26-bd759d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Kazu

Author:Kazu
ネット上の複葉機プラモデルコンペ「エピソードIII 張り戦の復讐」のブログです。コンペといっても、審査はない「お祭り」です。

複葉機プラモを作って、皆さんで見せ合いましょうほめ合いましょうというお気楽ブログですので、どんどんエントリーしてみてください。

参加資格:
一切ありません。

コンペ(お祭り)期間:
2005年9月1日~2006年8月31日です。

参加方法:
メールまたは記事へのコメントにて、エントリーご表明をお願いいたします。
エントリーに際しては、メールにてキットの箱絵画像をお送りいただければ幸いです。

エントリーの際は簡単で構いませんのでコメントを寄せてください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。